スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新ブログ in Moscow 

予定通り、3月中旬にモスクワへ引っ越しました。
今後のブログは新しいブログ モスクワでの毎日 で更新します。

※スウェーデンに帰国の際は、またここ北欧での毎日に戻るつもりです。
スポンサーサイト

モスクワ生活スタート 

モスクワに着いて早くも二週間近く。
最初の四泊はホテル、その後モスクワ郊外の自宅に移りました。

スウェーデンから送った引越荷物はなんとまだスウェーデンにいるのですって。
原因はロシアのだーいすきなペーパーワークですよ。

子供たちはモスクワ到着翌々日から学校に通い始めました。
最初の二日は送迎に私も付いて行きましたが、三日目からは運転手のミハイルにお任せ。
でも毎朝7:15にミハイルが迎えにくる上、給食にアレルギー対応がない息子のためのお弁当作りがあるので、私は毎朝6時起きです。

おとといようやくロシアの携帯SIMカードを入手して、外界とつながるようになりました。

次は自宅のWifiだわ!

というわけで何とかこのモスクワの地で生きております。
到着からの詳細は自宅のネットが繋がったら書きまーす。

Sjömagasinet 

昨夜、夫二人でディナーに出かけてきました。
(子どもたちは夫の両親にお願いして)

せっかくだからヨーテボリを代表するようなレストランで、と思いどこにしようか迷った挙句、夫の好きなSjömagasinetへ。


Sjömagasinetはをエルブスボリ橋を絶好のスポットで眺められるロケーションに建つ海辺のシーフードを主としたレストラン。

私は前菜に生牡蠣、夫はキャビアを。
そしてメインにはそれぞれ帆立貝と子豚のソテー、そして鱈のソテー、トリュフと赤ワインソース添えを給仕の方お勧めのワインとともにいただきました。
私の生牡蠣はもちろん、帆立貝もとてもジューシーで甘くて美味しかったのですが、付け合せの海草と野菜のソテーがちょっとこってりしすぎていたのが気になり、完食できず。
でも夫の鱈はとても美味しかったようです。

夫がとても気に入っているというレストランのウッドむき出しの内装はとても温かみがあり、高級さの中にも居心地の良さが感じられて素敵でした。
食後、レストランを出たらライトアップされたエルブスボリ橋と対岸のエリクスベリ、そしてヨーテボリの夜景がとても綺麗でした。

お値段がお値段なレストランなので、気軽にまたというわけには行きませんが、また何かの記念日にでも来れたらいいな~。


ビザが下りました 

夫そして家族全員分のロシア滞在のビザが下りました。
3年間有効でその間は更新不要。
複数回ロシアへの出入国が可能という高待遇のビザです。

労働許可証、およびビザの申請書類の準備やら何やらでトータル2ヶ月近くかかったそう。
先週は急に在ヨーテボリロシア領事館からの指示で、家族全員分のHIV検査の結果の提出を求められ、あわてて検査をしたりと冷や汗もかきましたが、無事にビザが下りて何よりです。
(ついでにHIV陰性とわかり、大丈夫だとは思っていたもののやっぱり安心しました!)

でも申請書類をそろえるのはかなり大変だった模様。
まだまだあちらでの生活が落ち着くまでは乗り越えなくてはならない壁がたくさんありそうですが、残りわずかなスウェーデンでの日々を楽しみたいと思います!

トトロの出発準備 

数日後に迫ったロシア入国に備え、トトロも最後のメディカルチェック。
入国3日前以上10日以内の獣医による健康診断証明書が必要なため、かかりつけの動物病院へ行ってきました。

動物病院へ向かう車の中ではケージの中でちょっぴりニャーゴ、ニャーゴと鳴いていたトトロさんですが、病院では落ち着いて、獣医さんによる診療中もおとなしくしていました。
特に気になるところもなく、肥満度もちょうどいいといわれ、一安心。
健康証明書も無事に出してもらい、費用は590kr。
うわ、結構高いのでびっくり!
帰りの車中では乗せていることを忘れるくらい静かなトトロさんでした。
飛行機の中でもこういう風だといいのですが。

あと数日、怪我や病気をしないでね、トトロさん!

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 北欧での毎日 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。